大胸筋とモチベーション

17年07月22日 | | 大胸筋とモチベーション はコメントを受け付けていません。

モチベーションの維持は筋トレの大切なポイントです。筋肉が付くまでには長い時間が必要ですが、手軽にモチベーションを高める方法があります。それが大胸筋を中心とした筋トレです。

まず大胸筋は刺激が与えやすい筋肉だと言えます。その理由は、目に見える範囲にあるからです。筋トレでは使っている筋肉を意識することが大切ですが、背中の筋肉は直接見ることができず、刺激するのが簡単ではありません。たとえば、ラッドプルダウンやローイングを習得するのに苦労したという筋トレ初心者もいます。

さらに、大胸筋は成果が見えやすい部位です。2,3か月ほどトレーニングをすると大胸筋が発達し、シャツを着たときに筋肉のハリが出ます。Tシャツならさらにそのハリがわかりやすいです。トレーニングの成果が簡単に見ることができるため、もっと鍛えたいという気持ちになると思います。下半身のように筋トレの成果が目立ちにくい部位ではそうはいきません。

筋トレ初心者が最初に鍛えるべき部位は大胸筋です。複数のトレーニングで追い込めば短期間で鍛えられるので、フィットネスクラブでベンチプレスやチェストプレス、ダンベルフライを組み合わせてトレーニングするのがよいでしょう。




Comments are closed